東京皮膚科・形成外科TOP > よくある質問 >  二重まぶたFAQ > 二重瞼(まぶた)手術FT法の利点と欠点を教えて下さい。

よくある質問

二重まぶたFAQ

Tokyo Skin & Plastic Surgery Clinic 2012 . 7 . 4

二重瞼(まぶた)手術FT法の利点と欠点を教えて下さい。

 

まず術後の腫れの原因についてご説明致します。腫れの原因としては以下の

①局所麻酔の量

②血管を痛めつける(内出血)

の2種類があります。

一般的な美容外科は美容外科の教科書にも載っている瞼板法と言われる方法を行います。

もちろん当院でもその手術を行うことは可能ですが、従来の方法では眼球側に糸を通しますので、目の裏側に局所麻酔をする必要がありますし、稀に目の裏側に糸が露出して結膜炎を起こす症例を大学病院時代に経験しました。

FT法はFront tarusus operationの略で当院で名づけた術式です。

顕微鏡用の道具と特注の針を使って目の裏側に糸を通しません。そのため

①敏感な目の裏側に麻酔をする必要がなく表だけの麻酔で済むので麻酔の量が半分で済むこと

②目の裏側に糸を通さないので角膜を傷つける心配がないこと

③血管を傷つける可能性が低く、まぶたを裏返しにしないため腫れが少ないこと など、トラブルが少なく、腫れが少ないことがFT法の利点です。

欠点としては
①個々の患者様によって綿密に瞼板の解剖の観察をしてデザインを決定する必要があり、技術的に難しいこと
②その他の術式に比べて少し時間がかかる(15分位)ことが挙げられます。
まぶたに脂肪が多い方や眼瞼下垂の方は切らない脂肪除去などを併用する必要があります。詳しくはカウンセリングにお越し下さい。

 

二重まぶたFAQの他の記事

24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK

メールでも美容外科・美容皮膚科・形成外科の相談を受け付けております
東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座 3F
駅からのアクセス
  • 銀座駅 A13番出口 松屋デパート(日比谷線、銀座線、丸の内線)より徒歩3分
  • 東銀座駅 A8番出口 ファミリーマート前  (浅草線)より徒歩1分
  • 銀座一丁目駅 9番出口 メルサ銀座  (有楽町線)より徒歩2分
  • 銀座一丁目駅 10番・11番 出口 (有楽町線) より徒歩2分
    >>クリニックまでの行き方はこちら

▲二重まぶたの術式にはどのようなものがありますか?トップへ戻る


Translate »