東京皮膚科・形成外科TOP > 原田崇史ドクターブログ > 切らない上口唇短縮術

東京皮膚科・形成外科 鍼灸師 奥 富行

原田崇史ドクターブログ

切らない上口唇短縮術

2018 . 7 . 19

今回は切らない上口唇短縮術について紹介したいと思います。

 

Gコグを用いて上口唇短縮術を行いました。

 

モニターさんはGコグ6本使用しました。

上口唇

上 術前

下 術直後

 

GコグとはPCL素材(吸収糸)のプレスコグです。

2年程度で体内に吸収されコラーゲンに置き換わります。

 

双方向に組織を固定し、皮下組織内で溶解しながら縮んで線維化をおこし鼻と上口唇までの距離を短縮させます。

切らない施術のため傷跡を残さず鼻下の距離を短縮させることができます。

赤唇縁、人中窩が明瞭になり軽度外反することで上口唇全体の輪郭が整い魅力的な口元になります。

 

料金1本 3万5千円+税

 

 

 施術のリスク・副作用について

・麻酔薬にて、アレルギー反応を起こす場合があります。その場合は適切な処置を行います。

・腫れは個人差がありますが、手術直後から少し腫れがあり、翌日がピークで徐々に引いていきます。目立つほどの大きな腫れは2日~1週間程度です。

・術後のむくみや細かな左右差の改善には、3ヶ月程度かかります。

・内出血がごく稀に起きる可能性があります。

・感染予防のため、抗生剤を内服していただきます。

・手術直後は、糸を挿入した部位は、笑ったり・触ったりすると違和感や痛みを感じることがありますが、2週間程度で改善していきます。

・糸を挿入したところが、一時的に違和感(異物感)や引きつれ感を感じる場合があります。1~3カ月程度で徐々に改善していきます。

・手術当日は、洗顔をお控え下さい。

・手術後3日間は、飲酒・激しい運動・サウナ・入浴など、血流が良くなることはお控え下さい。

・手術後3日間は、手術の刺入部位のお化粧はお控え下さい

 

 

 

▲切らない上口唇短縮術トップへ戻る

カテゴリー: 未分類   パーマリンク
最新の記事

2019 . 6 . 14 クマ治療

2019 . 5 . 17 クマ治療 術後3ヶ月目の経過

2019 . 1 . 8 クマ治療術後2週間の経過

2018 . 12 . 25 クマ治療

2018 . 7 . 19 切らない上口唇短縮術

24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK

メール相談
東京都中央区銀座2-11-8 DUPLEX GINZA TOWER 3F
駅からのアクセス
  • 銀座駅 A13番出口 松屋デパート(日比谷線、銀座線、丸の内線)より徒歩3分
  • 東銀座駅 A8番出口 ファミリーマート前  (浅草線)より徒歩1分
  • 銀座一丁目駅 9番出口 メルサ銀座  (有楽町線)より徒歩2分
  • 銀座一丁目駅 10番・11番 出口 (有楽町線) より徒歩2分
    >>クリニックまでの行き方はこちら

▲切らない上口唇短縮術トップへ戻る