東京皮膚科・形成外科TOP >  診療科目 >  注射・点滴美容皮膚科・スキンケア >  ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)
注射・点滴美容皮膚科・スキンケア

Tokyo Skin & Plastic Surgery Clinic 2015 . 11 . 5

ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)

  • ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)の内容
  • ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)の施術概要
  • ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)の関連する施術

ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)の施術内容

ベビーペプチド (幹細胞培養上清液)

幹細胞培養上清とは、幹細胞を培養している最中に細胞より産生される上澄み液のことを言います。この上澄み液の中には、組織の修復、幹細胞の増殖・分化、抗炎症作用、血管新生作用などにかかわる多くのサイトカインやエクソソームが含まれています。年齢のよるシワやシミ、免疫力、視力や筋力低下などを改善するため、細胞の若返りを促進してく作用があります。幹細胞培養上清液には数多くのサイトカインが凝縮されています。それらを点滴によって体内に行き渡らせることで減少したサイトカインを補充や全身の細胞・組織の再生を活性化させる効果が期待できます。細胞培養上清液を顔や頭皮などに導入、または血液中に点滴することで、細胞の若返りを実現する再生医療として注目されています。
幹細胞培養上清は、点滴、局所注射、関節内注射、外用療法、点鼻などの投与形態があり、その投与により、幹細胞が産生した成長因子・免疫調節因子・抗炎症性因子・神経再生因子などが病態に応じて作用するのに加えて、体内の幹細胞を活性化することにより効果が発現すると考えられています。

修復に役立つ可能性を持つ細胞など、多種多様な細胞に分化できる能力を持つ幹細胞を含んでいることから、中枢神経(パーキンソン病、アルツハイマー病等)・自己免疫関連疾患(アトピー性皮膚炎、膠原病、炎症性腸疾患等)、)・代謝性疾患(糖尿病等)・循環器系疾患(心不全、下肢虚血等)肝疾患、腎疾患、疼痛、美容、エイジングケア、脱毛症、EDなどに効果的です。
幹細胞療法と幹細胞上清療法とでは効果に差がなく、幹細胞療法には多大なコストが必要であること、塞栓症のリスクがあることから、幹細胞培養上清療法の優位性が最近では認識されてきています。

【主なサイトカイン(800種以上のサイトカインを放出)】
•EGF:上皮細胞成長因子
肌の上皮(皮膚・粘膜など)の成長・再生・修復を行い、新しい細胞の生産を促進する。ターンオーバーを促し、色素沈着やくすみを予防
•IGF:インスリン様成長因子
壊れた細胞の再生を助ける作用により、新しい皮膚の細胞を生み出してコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増やし、ハリを回復
•VEGF:血管内皮細胞成長因子
血管新生(既存の血管から分枝伸長して血管を形成すること)に重要な役割を果たす
•KGF:角化細胞成長因子
表皮の約80%を占め、表皮の角化を司る角化細胞(ケラチノサイト)を生成・分裂・増殖を促進。ターンオーバーを整え、皮膚の水分保持やバリア機能を維持するための重要な役割を担う。また、毛母細胞の活性化にも働きかける
•FGF:線維芽細胞成長因子
真皮の線維芽細胞の細胞分裂を活発にして、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を増やす。しわ改善や美白、創傷治癒に効果を発揮する。
•TIMP:MMP阻害因子
組織コラーゲンやエラスチンの分解を抑制し、組織化が生じることを防ぐ
•TGF-β1・β3:トランスフォーミング増殖因子
コラーゲンのような結合組織の合成・増殖を促進。細胞組織の再構築、創傷治癒、炎症、免疫などにも重要な役割を果たす

ベビーペプチド 臍帯(臍帯由来の幹細胞培養上清液)

臍帯由来とは、へその緒である「臍帯」から採取した幹細胞を培養した上澄み液です。臍帯には、幹細胞が豊かに含まれ、骨細胞や神経細胞などに分化できる性質を持ちます。
また、赤ちゃんは、母親から幹細胞をもらうことで、自らの細胞を生み出して体を成長させるので、高い再生能力が期待できます。
管理方法:
-80℃による凍結保存  
幹細胞培養上清液を-80℃で保存します。サイトカインは、常温だと変性や酸化しやすいため、施術で使用する瞬間まで、-80℃の環境で状態を保つことが必要です。

 
ベビーペプチド臍帯

ベビーペプチド 歯髄(乳歯歯髄由来の幹細胞培養上清液)

乳歯歯髄幹細胞を培養する際、作り出される培養上清液には幹細胞から分泌される数百種類以上のサイトカインや成長因子、ケモカイン、エクソソームなど多くの生理活性物質が含まれており、幹細胞移植と同様の効果を得られることが大学を始めとする各所の研究からわかってきております。
幹細胞培養上清液はもともとヒトの体にある歯髄、骨髄、脂肪、臍帯などの幹細胞を利用して作られますが、細胞の種類により含まれる成分は異なります。とりわけ、乳歯歯髄細胞の培養上清液には多くのたんぱく質が含まれることが報告されています。

 
乳歯歯髄幹細胞培養上清液

 
※1 培養上清液とは、細胞を培養する際生成される上澄み液。
※2 サイトカイン(cytokine)とは、免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質で、標的細胞は特定されない情報伝達をするもの。
※3 成長因子(Growth factor)とは、体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質の総称。
※4 ケモカイン(Chemokine)は、Gタンパク質共役受容体を介してその作用を発現する塩基性タンパク質であり、サイトカインの一群。
※5 Exosome(エクソソーム・エキソソーム)は、ほとんどの細胞で分泌される直径50nm~150nm程度の膜小胞。

ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)

 
幹細胞上清療法による糖尿病合併症治療は、ホーミング効果により、血管が修復され、合併症予防に効果が見られます。LOX-index(糖尿病合併症の一つである脳梗塞・心筋梗塞発症リスク)の検査結果からみても血管の修復が行われており、腎機能障害の指標であるクレアチニンの数値も改善の傾向にあります。

 
歯髄幹細胞培養上清液の点滴による

 
幹細胞培養上清液は、梗塞系疾患、糖尿病、肝硬変、高血圧、アルツハイマー、アトピー、リウマチ(関節痛)、などの病気発症リスクの軽減が期待されます。投与された「 幹細胞培養上清液」は体内を循環し、痛んだ組織を見つけると、幹細胞自身が活性化し修復再生します。 さらに脳下垂体を刺激し、ホルモンバランスを健全化して新陳代謝のサイクルが元通りに代謝亢進します。自己複製し再生する能力があるので、体内の各組織や皮膚組織の生まれかわりなど、最高のエイジングケアとしても効果が期待されます。血液中に点滴することで、細胞の若返りを実現する再生医療として注目されています。


ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)の施術・手術当日の流れ

施術をご希望の方は、事前にカウンセリングを行います。
施術は、ご予約制となります。

1. 初回のみカウンセリングを行います。
2. 施術 (30分程度)
3. お会計

お電話でのお問い合わせ
03-3545-8000
電話受付時間:11:00~20:00
メールでのお問い合わせ
24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK
メール相談

▲ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)トップへ戻る

ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)の手術のリスク・副作用について

・点滴刺入部、あるいは周囲の疼痛が起きる場合があります。
・点滴の施術中等に、点滴漏れ、内出血などが起こる可能性があります。内出血が起こった場合は完全にひくまでに2週間程度かかることがあります。

▲ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)トップへ戻る

ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)の施術概要

★手術・レーザー脱毛・エステの予約キャンセルについて★

当日キャンセル・無断キャンセルを繰り返した場合、以降のご予約を制限させていただくことがございますので、ご了承くださいませ。

※価格は税抜です。下記料金に別途カウンセリング代¥1,000(税抜)がかかります。

価格
臍帯 1本 ¥150,000
歯髄 1本 ¥50,000

▲ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)トップへ戻る

24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK

メール相談
東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座 3F
駅からのアクセス
  • 銀座駅 A13番出口 松屋デパート(日比谷線、銀座線、丸の内線)より徒歩3分
  • 東銀座駅 A8番出口 ファミリーマート前  (浅草線)より徒歩1分
  • 銀座一丁目駅 9番出口 メルサ銀座  (有楽町線)より徒歩2分
  • 銀座一丁目駅 10番・11番 出口 (有楽町線) より徒歩2分
    >>クリニックまでの行き方はこちら

▲ベビーペプチド点滴(幹細胞培養上清液の点滴)トップへ戻る


Translate »