東京皮膚科・形成外科TOP > Mio Blog > マッサージピール

東京皮膚科・形成外科 麻酔科 標榜医 白石 美緒

Mio Blog

マッサージピール

 

イタリアで誕生したマッサージピールは、肌の表皮だけでなく真皮深層、肌のより深部に作用するピーリングです。別名コラーゲンピーリング。強力なピーリング剤で真皮深層へ働きかけ、コラーゲンの生成を促します。ピーリング剤だけでもまるでレーザー施術を受けたかのようにお肌がきれいに!

主成分は33%のトリクロロ酢酸と、低濃度の過酸化水素。過酸化水素を配合することでトリクロロ酢酸の刺激を低減させています。
トリクロロ酢酸自体は新しいピーリング剤ではなく、以前から海外ではディープピーリングとして使われていましたが、皮膚の剥離作用が強く、ダウンタイムが出てしまいます。今回、過酸化水素と、美白効果のあるコウジ酸を配合することによってダウンタイムを抑えることができるのです。

毛穴、小じわ、しみ、肌の張り、つやに効果的。たるみにも効きます。ダウンタイムには個人差があります。薄い皮むけが出るのは初回が多いとのこと。ごくまれに皮むけのほか、カサブタが生じることがあります。施術時間は15分ほど。施術中は軽いピリピリ感のみです。直後に少し赤みが出ますが、直後から張り、つやが出ます。この張り、つやは数日から1週間程度で元に戻りますが、1-3週間ごとに1回の施術を繰り返して行うことで、真皮層で新しいコラーゲンを作り出し、お肌の質感を改善していきます。

ダウンタイムがない方は1-2週間に1度、皮むけがある方は3週間に1度程度で4‐5回の施術が目安。施術後のホームケアのクリームは別売りですが、使用することでより高い効果を期待できます。

実際の施術の様子です。薬液をマッサージしながら塗布していきます。

30743914_10216535413797479_218794284122374144_n[1]
施術直後の写真です。直後から張り、つやがあり、赤みが少し出ることもあります。
30729913_10216535412957458_2677439976186052608_n[1]

ダウンタイムについてはまた後日のブログで報告しますね。私は翌日、2日目、3日目と過ごして皮むけなどのダウンタイムはありませんでした。

▲マッサージピールトップへ戻る

カテゴリー: 未分類, 美容皮膚科 施術   パーマリンク

24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK

メール相談
東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座 3F
駅からのアクセス
  • 銀座駅 A13番出口 松屋デパート(日比谷線、銀座線、丸の内線)より徒歩3分
  • 東銀座駅 A8番出口 ファミリーマート前  (浅草線)より徒歩1分
  • 銀座一丁目駅 9番出口 メルサ銀座  (有楽町線)より徒歩2分
  • 銀座一丁目駅 10番・11番 出口 (有楽町線) より徒歩2分
    >>クリニックまでの行き方はこちら

▲マッサージピールトップへ戻る

ページのトップへ戻る