東京皮膚科・形成外科TOP > Mio Blog > 日焼け止め、くらべてみました

東京皮膚科・形成外科 麻酔科 標榜医 白石 美緒

Mio Blog

日焼け止め、くらべてみました

 

4月になり、紫外線が強くなってきています。

5月の紫外線は、すでに7-8月と変わらないほど強いんです。

曇りの日などは暑くないので、ついゴールデンウィークに油断して日焼けをしてしまうこともありますよね。

今年の日焼け止めはトーンアップ効果のあるものが目についたので、お手頃価格の物を5つ買ってみました。

IMG_20210416_183702

1 ロート製薬 スキンアクア

2 ロート製薬 スキンアクア

3 ロート製薬 スキンアクア

4 ビオレUV アクアリッチ

5 innisfree tone up Sebum free

 

全てSPF 50、 PA++++

パールや色味で肌色をトーンアップさせてくれる日焼け止め。

全て石鹸で落とせます

5番のinnifreeのみ紫外線吸収剤を含みませんが、1-4番の製品は紫外線散乱剤と紫外線吸収剤を配合しています。

紫外線散乱剤のみの方が肌には優しいですが、白くなりがちです。

全ての製品にヒアルロン酸などの保湿剤が配合されています。

5番は余分な皮脂をコントロールしてくれます。

1ー4番はノンコメドジェニックで、にきびになりにくい処方です。
IMG_20210416_183743

さらっと軽くつき、伸びが良いのが3番のローションタイプ。

重くて伸びが悪いのが5番。

 

やはり5番は紫外線吸収剤を含まずにSPF50なので、つけた時の白っぽさが目立ちます。

 

パール感は写真ではわかりませんが、4番のビオレUVアクアリッチが一番キラキラしていました。

 

 

私の肌に一番合ったのは

20210416_164733

1番のスキンアクア

血色をよくするタイプでした。
普段はこれのみで、ミラノコレクションのパウダーで仕上げています。
透明感をだす、ラベンダー色は、私の場合は顔色が悪いというか、青白っぽくなってしまいました。

同じ色味でも3番のローションタイプのものは顔色は白くなりにくく、クリームタイプの物よりうす付きに仕上げやすいです。

またローションタイプの方がクリームタイプより成分が肌に優しいので、肌荒れしやすい人はこちらの方が良いかも。

私はラベンダー色のものは手や腕に使おうと思います。

そして、Tゾーン、鼻、顎の皮脂が出やすい部分に使っているのが

5番 innisfree Tone up No Sebum
20210416_164823

 

 

ロート製薬のスキンアクアには、赤み補正ができるグリーンのトーンアップも販売されています。

ネットや薬局、コンビニエンスストアでも手に入る商品。

日常使いの日焼け止め

お気に入りの1つを見つけてください

▲日焼け止め、くらべてみましたトップへ戻る

カテゴリー: 化粧品   パーマリンク

24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK

メール相談
東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座 3F
駅からのアクセス
  • 銀座駅 A13番出口 松屋デパート(日比谷線、銀座線、丸の内線)より徒歩3分
  • 東銀座駅 A8番出口 ファミリーマート前  (浅草線)より徒歩1分
  • 銀座一丁目駅 9番出口 メルサ銀座  (有楽町線)より徒歩2分
  • 銀座一丁目駅 10番・11番 出口 (有楽町線) より徒歩2分
    >>クリニックまでの行き方はこちら

▲日焼け止め、くらべてみましたトップへ戻る

ページのトップへ戻る