東京皮膚科・形成外科TOP > OKブログ > 目頭スイッチ

漢方形成外科 / 形成外科専門医 / 美容外科専門医 岡田 宇広

OKブログ

東京医科大学病院にて外傷・再建手術に従事し、顕微鏡レベルの手術を修得。
形成外科専門医、美容外科専門医を取得。
北里大学東洋医学研究所にて鍼医マスターコース、漢方医コースを修了。

西洋医学と東洋医学を融合させた医療で真の美しさを実現する。

Takahiro Okada Official Blog

 

 

 

目頭スイッチ

 

目頭スイッチは、切らなければ決して入らない、

 

圧倒的スイッチです!

 

 

なんの話かというと、、、

 

 

最近、眼瞼下垂の状態というのは、老化のスイッチが

入ってしまう、入っている状態であると、

学会でも表現され始めています。

 

 

より分かりやすく言うと、目の開きが悪い事により、

自律神経の乱れ、表情筋バランスの崩れ、

姿勢の悪化、頭痛、肩凝り、血行不良

など老化に繋がる様々な問題が、

雪崩の如く起こってくる目

からというわけです。

 

 

 

逆に、目の開きが良くなれば、その逆が起こる可能性がある、、

 

つまり、今までとは逆に若返りのスイッチを入れられる、

入れてしまえる、とさえ、表現できる、

できてしまうのかもしれない。

 

 

もちろん、真の若返りとまでいうのは現状では大袈裟

かもしれませんが、少なくとも老化を促進している

スイッチを手術でリセット、あるいは

切る事はできるでしょう。

 

 

結果として年齢に相応、もしくは

年齢より若くみられるようにはなる。

 

 

その意味でいえば、目頭スイッチは、

正に切らないと決して叶わない、

絶大なる手法といえます。

 

 

切らない手術もダウンタイムが少なく良いですが、

 

切る手術には、切る手術の絶対的価値があります⭐︎

 

 

▲目頭スイッチトップへ戻る

カテゴリー: ③ 黒目ブログ   パーマリンク

24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK

メール相談
東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座 3F
駅からのアクセス
  • 銀座駅 A13番出口 松屋デパート(日比谷線、銀座線、丸の内線)より徒歩3分
  • 東銀座駅 A8番出口 ファミリーマート前  (浅草線)より徒歩1分
  • 銀座一丁目駅 9番出口 メルサ銀座  (有楽町線)より徒歩2分
  • 銀座一丁目駅 10番・11番 出口 (有楽町線) より徒歩2分
    >>クリニックまでの行き方はこちら

▲目頭スイッチトップへ戻る