東京皮膚科・形成外科TOP > OKブログ > 眼瞼下垂と漢方

漢方形成外科 / 形成外科専門医 / 美容外科専門医 岡田 宇広

OKブログ

東京医科大学病院にて外傷・再建手術に従事し、顕微鏡レベルの手術を修得。
形成外科専門医、美容外科専門医を取得。
北里大学東洋医学研究所にて鍼医マスターコース、漢方医コースを修了。

西洋医学と東洋医学を融合させた医療で真の美しさを実現する。

Takahiro Okada Official Blog

 

 

 

眼瞼下垂と漢方

 

眼瞼下垂と漢方。

 

先日は、北里大学病院で開催された漢方講座に参加してきました。

 

北里大学病院は、自分が鍼灸と漢方生薬について学んだ東洋医学研究所

の関連病院ですが、研究所の主催で漢方に関する説明会を定期的に行っています。

 

北里大学病院は、非常に大き広くて綺麗な病院です。

眼瞼下垂と漢方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラウンジからは空と山も眺める事ができました。

眼瞼下垂と漢方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の講座は、日常生活における養生、そして未病についてでした。

 

養生とは、衣食住を整えるように心掛け、身体と心の健康を保って病気を予防する事です。

 

眼瞼下垂と漢方

 

 

 

 

 

 

 

養生の意味でも、適度に身体を動かす事は大切になります。

イラストは漢方と合気道、、、いや、この服だと太極拳か気功ですね(笑)

 

 

一方、未病は病気に向かいうる状態であり、その時点で気づいて

その進行を防げるのが名医とされます。それは冷え症や心身症の段階です。

 

未病に対する効果を体感すべく漢方の試飲もできました。

漢方は苦いというイメージありますが、味が調節されていて飲みやすいです。

 

眼瞼下垂と漢方

 

 

 

 

 

 

 

 

清暑益気湯(せいしょえっきとう)は、名前のとおり夏ばてに対する代表的な薬です。

 

眼瞼下垂と漢方

 

 

 

 

 

 

 

人参湯(にんじんとう)は、胃腸が弱く、新陳代謝が低下したタイプの冷え症に適しています。

 

眼瞼下垂と漢方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五積散(ごしゃくさん)は、水分を身体に溜め込むタイプの冷え症に考慮します。

 

その他にも、老化に伴う冷えには八味地黄丸(はちみじおうがん)や真武湯(しんぶとう)、

血行が悪いための冷えには桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)など

が漢方医学的な診察に基づいて処方されます。

 

 

そして、黒目形成の術後、、、

眼瞼下垂と漢方

 

 

 

 

 

 

、、ではなくて、たとえ一重であっても漢方や合気道などの運動

によって眼瞼下垂の予防ができる可能性を示す写真!?

 

 

という事で、眼瞼下垂はともかく、もし日本に漢方茶を飲めるお店が全国にあったら、

養生や未病対策に役立つかもしれませんね☆

 

 

帰りは、そんな夢を抱きつつ院内のスターバックスで休憩、、、

 

眼瞼下垂と漢方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数年後に新病院となる東京医大にもスターバックスが入るとか入らないとか、、、、

個人的には、やなか珈琲を希望しますが、、

 

それにしても、この緑と白のマークに魅きつけられてつい入ってしまいがちですから、

シンボルの力は恐るべしです!

 

漢方茶が全国で大ヒットする、そんな お店のオリジナルマーク

を今から考えておきたいと思います☆

 

また、漢方は肌の調子を整えるため肌にも非常に有効です。

漢方で身体の内側からも美しくなりたい方は

東京皮膚科・形成外科まで御相談ください☆

 

切る、切らない眼瞼下垂手術の日本橋院

 

なお、保険による眼瞼下垂手術も、

形成外科専門医、美容外科専門医

が全ての手術を担当しています。

 

To be Continued…

▲眼瞼下垂と漢方トップへ戻る

カテゴリー: ⑤ 漢方生薬・鍼治療   パーマリンク

24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK

メール相談
東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座 3F
駅からのアクセス
  • 銀座駅 A13番出口 松屋デパート(日比谷線、銀座線、丸の内線)より徒歩3分
  • 東銀座駅 A8番出口 ファミリーマート前  (浅草線)より徒歩1分
  • 銀座一丁目駅 9番出口 メルサ銀座  (有楽町線)より徒歩2分
  • 銀座一丁目駅 10番・11番 出口 (有楽町線) より徒歩2分
    >>クリニックまでの行き方はこちら

▲眼瞼下垂と漢方トップへ戻る