東京皮膚科・形成外科TOP > 原田崇史ドクターブログ

東京皮膚科・形成外科 形成外科専門医 原田 崇史

原田崇史ドクターブログ

顔のアンチエイジング

 
顔のアンチエイジング 顔面の老化は、顔面骨格の骨吸収、支持靭帯の弛緩、脂肪組織の減少・下垂、表情筋、皮膚の弛緩等が相互作用を及ぼしなら進行していきます。     その中でも顔面骨は、すべての基礎となる土台です。 年齢、性別、人種によって個人差はありますが、加齢とともに選択的骨吸収が生じます。その結果、前額部・側頭部の痩せ(ゴツゴツした顔、こめかみのコケ)、くぼみ目、鼻が大きくなる等の加齢現象が生じます。 選択的骨吸収の生じやすい部位は、眼窩、梨状口、側頭骨、下顎骨、前頭骨です。 アンチエイジング治療において全ての土台となる顔面骨格のボリュームロスを補う …

鼻尖縮小術+耳介軟骨移植(アルマジログラフト)術後1か月の経過

 
鼻尖縮小術+耳介軟骨移植(アルマジログラフト)術後1か月の経過 鼻尖縮小術+耳介軟骨移植(アルマジログラフト)、術後1か月の経過です。上段が術前、下段が術後1か月の写真です。まだ腫れが強い時期なので完成ではありません。術後1か月のダウンタイムの参考にしてください。腫れが落ち着くまで最低3ヶ月はかかります。     上記赤線は鼻尖幅を示したものです。まだ腫れが強い時期ですが、術前より鼻尖幅は縮小しています。下段の写真では横に広がり傾向だった鼻孔の形も縦長になり下から鼻を見上げてもスマートな鼻に見えます。鼻柱の傷跡はまだ赤みが残っていますが、術後3ヶ月をピークに薄くなります。傷跡が赤い間はお化粧等で隠してい …

鼻尖縮小術+耳介軟骨移植(アルマジログラフト)

 
鼻尖縮小術+耳介軟骨移植(アルマジログラフト)   鼻先のボリュームが気になるとの事で来院されたモニターさんです。 ①皮膚の厚み②皮下脂肪の厚み➂大鼻翼軟骨の横方向への開きが原因で鼻先のボリューム感がでているタイプと診断しました。     治療方針ですが     ①皮膚自体の分厚さを薄くし過ぎると血流障害のリスクが高まるため皮膚の厚みは変えません。その変わりに鼻先にほど良いサイズの軟骨を移植して高さを出すことで皮膚の分厚さを緩和します。     ②大鼻翼軟骨間に存在している皮下脂肪を移動させ鼻尖部の …

目の下のたるみ取り 術後2週間の経過

 
目の下のたるみ取り 術後2週間の経過 70代女性、目の下のたるみを治したいとの事で来院されたモニターさんです。 下眼瞼の皮膚の余り、眼窩脂肪の前方突出、眼窩周囲のボリューム不足が原因で目の下のたるみ、小じわ、クマが生じています。     下眼瞼の睫毛下から皮膚を切開するハムラ法にて手術を行いました。 手術内容に関しては、前回のブログを参照ください。   どの角度から見ても下眼瞼のたるみ、小じわ、クマは改善され若々しい印象になりました。   切開する手術ですが大きな腫れや内出血もほとんどなく、ダウンタイムなく過ごせた …

目の下のたるみ

 
目の下のたるみ 70代女性、目の下のたるみを治したいと来院されたモニターさんです。 下眼瞼のタルミ、小じわ、クマは老けた印象、不健康な印象を与えます。         ①下眼瞼の皮膚の弛緩(皮膚の余り) ②眼窩脂肪の前方突出(眼窩脂肪を包んでいる隔膜と皮膚とを支えている靭帯の弛緩に伴う) ③眼窩周囲のボリューム不足 ①~③が原因となり目の下のタルミ、小じわ、クマが生じていいます。   今回はハムラ法を用いて治療しました。 下眼瞼の睫毛下から皮膚を切開し手術を行う方法です。 & …

眉下切開 術後6か月の経過

 
眉下切開 術後6か月の経過     30代女性、上まぶたの腫れぼったさの改善、二重幅を広げる事を希望されたモニターさんです。       術前デザインです。内側は軽度、主に中央から外側にタルミを認めます。最大皮膚切除幅を7㎜に設定しました。     今回のモニターさんのようなケースの場合、余った皮膚を切除するだけでは腫れぼったさは十分改善しません。そこで今回は眼輪筋の一部、眼輪筋下脂肪(ROOF)、眼窩脂肪の一部を除去しました。     …

下眼瞼脱脂 術後3ヶ月の経過

 
下眼瞼脱脂 術後3ヶ月の経過 経結膜側からの下眼瞼脱脂+眼輪筋引き上げによる涙袋形成術、術後3ヶ月の経過です。 術前、下眼瞼に膨らみがあるため涙袋がはっきりせず、また目の下(赤印の部位)に影(クマ)ができ老けた印象を与えます。     下眼瞼脱脂を行う事で余分な膨らみが無くなり目の下のクマが無くなりました。 経結膜からのアプローチのため皮膚側に傷跡は残りません。 今回のモニターさんは術後、大きな内出血や腫れもなく経過したためほぼダウンタイムが無かったと喜んでいただけました。 今回のモニターさんのタイプのクマは影クマと言われるタイプ …

涙袋形成術+下眼瞼脱脂 術後2週間の経過

 
涙袋形成術+下眼瞼脱脂 術後2週間の経過   経結膜側からの下眼瞼脱脂+眼輪筋引き上げによる涙袋形成術、術後2週間の経過です。 大きな内出血や腫れもなく経過良好です。ほぼノーダウンタイムです。   外科的治療による涙袋形成はヒアルロン酸では再現できない半永久的な効果が期待できます。 タレ目がちに涙袋を形成する事でグラマラス効果も出て、目力がアップした印象です。   パーツモニター募集中です。今なら正規料金の20パーセントオフで案内可能です。   手術内容 経結膜側下眼瞼脱脂+涙袋形成術 料金 30 …

涙袋形成術

 
涙袋形成術 涙袋と言えばヒアルロン酸で形成する事が多いですが、ヒアルロン酸を注入しても輪郭がはっきりしない、思い通りの形にならない方がいらっしゃいます。今回紹介するモニターさんも同様の方でした。   1か月前、下眼瞼にヒアルロン酸注入をされたとの事でしたが涙袋の形がはっきりしていません。   上図赤印の部分の脂肪が多い方の場合、ヒアルロン酸を注入しても赤印範囲の脂肪とヒアルロン酸注入部位との境界がはっきりせず、ヒアルロン酸を注入した割には形がはっきりしない、思い通りの形にならない等の問題が発生します。このような方に形がでないからと言って多量のヒア …

Gコグ+Gコグドールによるタルミ治療

 
Gコグ+Gコグドールによるタルミ治療             両側頬部(法令線の上の皮膚のタルミ)+口横のタルミを主訴に来院された患者さんです。           上図のようにGコグ片側2本+Gコグドール片側3本挿入しました。 Gコグ・Gコグドールとは、PCL素材のプレスコグで双方向に組織を固定することで高い引き上げ効果を発揮します。1か月程度かけながら線維化を起こし徐々に小顔になりながら2年程度で自己コラーゲンに置き変わります …

24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK

メール相談
東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座 3F
駅からのアクセス
  • 銀座駅 A13番出口 松屋デパート(日比谷線、銀座線、丸の内線)より徒歩3分
  • 東銀座駅 A8番出口 ファミリーマート前  (浅草線)より徒歩1分
  • 銀座一丁目駅 9番出口 メルサ銀座  (有楽町線)より徒歩2分
  • 銀座一丁目駅 10番・11番 出口 (有楽町線) より徒歩2分
    >>クリニックまでの行き方はこちら

▲ページトップへ戻る